November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【作品紹介】短編小説書きました♪「消えたシオン」モリナオヤ著 読んでね(≧∇≦)/

 突然ですが小説書きました!

たまたまアマゾンで買い物中に「アマゾンPOD文学賞」という告知を見つけて
締め切り2日前に思い立って1日と半日で仕上げました。
締め切り1分前に投稿完了(;´∀`)
応募要項のぎりぎり1万字ちょっと。

出来上がって投稿するとき気づいたけど、Eエブリスタという
インターネット上の読み物サイトとアマゾンのコラボ企画だったようです(;´∀`)

ですので結果的に一般公開しておりますので、お時間あるとき是非☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消えたシオン モリナオヤ著

〜あらすじ〜

劇団亜飛夢(アトム)カンパニーの看板女優"シオン"は、
舞台"銀河遊泳パブロフ"の千秋楽に、何の前触れもなく失踪する。
あれから10年。未だ行方不明のシオンを探して、主人公は不思議な道を歩くことになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

構想があったわけじゃなくて
真っ白な状態からイメージの浮かんでくるまま書きました☆
楽しんでいただけたら幸いです!


E☆エブリスタ

こちらで「消えたシオン」を検索!!




なんと今日は「消えたシオン」公開を記念して
特別に1ページ目をモリログ上でお披露目♪



消えたシオン モリナオヤ著





舞台は、闇に溶けるきみをそっと迎え入れた。



その歩みは幾千の星の瞬きを遮ることなく、

その衣擦れは、まだきみの存在に気づかない植物の呼吸に掻き消された。



静寂を破ったのは、


「すぅぅぅ」


きみの最初の息継ぎ。



夜明けの様な明転と共に、観客の心臓は大きく揺らされた。

きみのセリフ、ひとつひとつが光の速さで届く。




そのひとときは、時間の概念が変わってしまう程だった。


1秒が1秒ではない世界。



きみの言葉は、ピアノの鍵盤を弾く(はじく)ように

1音1音、はっきりと、ぼくの心に染みこんでいった。





「ぼくはあなた方のために生きるんです。


"真実"という名の"青い果実"で、もう一度この星を染める日まで。」





そのセリフを最後に、きみは舞台から消えた。


カーテンコールにその姿はなく、スモークの様に、忽然と消えたんだ。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


職場の帰り道にできた新しい道。

駅前でもらったチラシによると、今日から開通らしい。


一夜にしてフェンスが取り払われ、

何年も壁だった場所に遠くまで見渡せる一本の道が忽然と現れた。



突如口を開けた異次元への入口のように、

見慣れた風景の一部がすり替えられてしまった。



ぼくは衝動的にその入口へと飲み込まれていた。




なぜそんな気になったのだろう・・・。




言い知れぬ気持ちになりながら、

ただひたすら真っ直ぐ、足の赴くまま歩を進める。


進むにつれて、次第に頭の中がむず痒くなる。

引き出しの奥底にしまい込まれていた古い記憶が、

ボロボロとかき出されていく。



10年前のあの舞台のこと・・・。

消えたきみのこと・・・。






女優がひとり行方不明になったといっても、

マイナーな劇団で起こった小さな失踪事件。

今ほどインターネットが浸透していない時代だし、

特に取りざたされることもなく、未だ真相は謎のままだ。




この道はきみが隠れた場所へと続いていて、

このまま進めばぼくも神隠しに・・・


なんて荒唐無稽な妄想を膨らませてしまう。





この続きは

E☆エブリスタ

こちらで「消えたシオン」を検索!!





きょうも旅の途中♪
遊園地化計画モリナオヤ

comments

不思議な世界に浸りにまた読みにきました。前に読んだ時「しおり」が出てきたので続きがあるのかと思ってしまいました。完結やったんですね、すみません(^_^;)
情景1つ1つ思い描けて、どんどん読み進んで、秋の夜にぴったりな作品ですね。月とか物事の描写がほんと素敵です。
またお話書いて下さい☆

  • えり
  • 2015/10/07 8:33 PM

はじめまして。facebookから飛んできて作品読ませていただきました。

あのストーリーを1日半で書くとか・・・天才ですか!Σ(°Д°)ノノ
日常の中なのにちょっとファンタジー感があって、好みの世界観でした♪
「1秒が1秒ではない世界」って表現がとても好きです。劇場が揺れるとか、ものすごい臨場感ありました。
最初主人公少し大袈裟?なんて思ってましたが、読み終わって納得でした。
ついつい読み返してしまう作品ですね!

ステキなお話、ありがとうございました。

  • yukie
  • 2015/10/07 12:52 PM

モーさん!幅広い活動☆スゴォ〜イ!!
小説の世界に一気に引き込まれました!
続きがすっごく気になります!( ´艸`)

  • えり
  • 2015/10/05 10:03 PM
   

trackback

pagetop